平素は災害対応を始め市政の推進にご尽力いただいていると存じます。
9月定例会が閉会しましたが、市民の暮らしや長期的な防災のまちづくりなど諸懸案の課題について、市民の立場に立って取り組んでいただくよう、以下緊急に申し入れさせていただきます。いずれの課題も、後藤市長のご決断が求められます。真摯に受け止めていただくようお願いします。

ニュースを読む >>

■学童保育の民間委託について
(問)来年4月から豊一、吹六、東の各小学校の学童保育を民間委託するための予算が提案された。選定会議で事業者決定にあたり、選定委員と保護者である特別委員の責任は重い。膨大な資料を提供し、スケジュールありきの選定作業は問題。開催時期、特別委員の増員、より公正な採点方法など改善を求める。12月に事業者を決定し、翌2月〜3月で保育を引き継ぐというのは短すぎる。十分な期間が必要であり改善を求める。

ニュースを読む >>

住民の切望するまちづくり 急いでしかし拙速にならずに
(質問)北千里は、駅周辺と北小跡地もふくめ総合的に検討すべきとの市民意見があるが、ビジョン策定当時、市は北小跡地は売却する方針のため、公共施設整備は地区センターに限定するとの姿勢に終始した。各公共施設の適正な配置の議論の余地は全くなく、今度は早期整備を望むなら北小跡地しか選択肢はないと強引だ。住民は早期実現を望むと同時に、市の計画案ありきの拙速な進め方には反対している。副市長の見解を。

ニュースを読む >>

(問)民間委託が実施された学童では、月に1回の懇談会がなくなり、こどもたち全体の様子がわからないこと、保護者間の交流もない等、不安の声が聞かれる。保護者会との共同行事もなくなり、こどもが「学童に行きたくない」という事案も発生しているとのこと。

ニュースを読む >>

来年春予定のJR南吹田駅開業がいよいよ迫ってきた。南吹田地域での課題である、交通アクセスの利便性が大きく改善されることが期待をされている。

ニュースを読む >>

@地震災害時の広報が不十分。
市の災害対策本部からの広報活動が不十分だ。インターネット依存でなく、37万市民対象にすべき。断水時の給水ポイント、避難所開設の有無、ブルーシートの配布時期など。

ニュースを読む >>

介護保険、介護サービスの申請の実態について
質問 厚生労働省は2017年度の介護給付実態調査で、1年間に介護サービスを受けた人の総数が対前年度比で9万6000人(1・6%)減って604万1200人になったと公表した。介護予防給付サービスの対象だった要支援者を保険給付から外し、市町村が運営する「総合事業」に移行した影響が表われた。

ニュースを読む >>

9月定例会が9月4日から28日までの会期で開催されます。4日の本会議で市長から議案の説明、会期日程などが決定されました。
以下に日程と案件内容について紹介します。

ニュースを読む >>

共産党市議団が調査・申し入れ
市議団は6月25日に吹田市に、7月12日には政府に震災対策を申し入れました。吹田市で大規模半壊1件、半壊3件、一部損壊は1,853件(7月19日現在)です。

ニュースを読む >>

柿原議員が副議長に就任、建設環境委員会委員長に玉井みき子議員が就任、待機児対策アクションプラン 3つの民間保育園を新設、通院困難者・障がい者 福祉タクシークーポン拡充、、中央図書館耐震化改修へ、千二小学校の増築・学校施設大規模修繕

ニュースを読む >>
お問い合わせ

吹田市役所 3F 日本共産党 控室
TEL:06-6337-6853

お問い合わせはこちら

相談会のご案内

法律相談は毎月1・2・3・4週の木曜日
石川 府会議員事務所

石川ブログはコチラ

お急ぎの場合はお電話ください。
随時受け付けます。

movie

シンポジウム

吹田市会議議員団主催シンポジウムインフォメーション

2014年4月開催の「子育てシンポジウム」の資料のご希望の方は議会団控室まで

2012年11月開催の「TPP問題を考えるシンポジウム」の資料のご希望の方は議会団控室まで