今回の条例改正は、昨年の国会で、農協「改革」関連法の一環として農業委員会等に関する法律の「改正」が成立し、のことに伴うものです。

ニュースを読む >>

本案は下水道特別会計を廃止し、下水道事業に地方公営企業法の一部適用を導入し企業会計化しようとするものであります。

ニュースを読む >>

児童部関係
 障害児通所給付費等が追加される補正予算が提案されました。これは児童発達支援・放課後等デイサービスを行う事業所の新規参入が当初見込みを上回ったためです。

ニュースを読む >>

議案第86号吹田市下水道事業の設置等に関する条例の制定についての反対意見
 本案は下水道特別会計を廃止し、下水道事業に地方公営企業法の一部適用を導入し、企業会計化しようとするものであります。

ニュースを読む >>

来年2月20日から、コンビニの多機能端末機を使って戸籍証明の交付を開始するにあたり、窓口手数料450円より100円安い350円に改定するため、として手数料条例を一部改正する提案が行われました。  日本共産党は、以下の意見(趣旨)を述べ、反対しました。

ニュースを読む >>

一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
 この条例は、一般職の給与を平均0.24%引き上げ、扶養手当と勤勉手当改定を人事院給与勧告に準じて行い、市長など特別職及び議員の期末手当を一般職にあわせて改定するものです。

ニュースを読む >>

問:所得税法における「寡婦(夫)控除」は、過去に結婚歴がある一人親を対象としており、同じ一人親でも結婚歴のない場合は対象外となる。そのため結婚歴のない一人親の方は必然的に納税額が増え、納税額に応じて負担する保育料などの負担額も重くなっている。

ニュースを読む >>

昨年9月に廃止が発表され、様々な問題点の指摘や跡地活用の提案も含めた質問を行ってきた。

ニュースを読む >>

文科省が禁止した全国学力調査の利用に変わり、大阪府教委が独自に始めたチャレンジテストは、全国学力テストと同じ行政調査であり府教委は強制できない。多くの問題があることを指摘し、吹田市教委として大阪府チャレンジテストに参加しないこと、府教育庁に対し廃止・撤回を求めるよう質したが市は参加しなければ生徒の不利益になる、と参加の考えを示した。

ニュースを読む >>

●中核市への移行について
(質問)中核市制度は道州制への移行と一体のもので問題はあるが、住民福祉の増進に繋がる手段になるなら、それもきちんと受け止める。市長の具体的なビジョンは。どう市民サービスが向上するのか説明を。

ニュースを読む >>
お問い合わせ

吹田市役所 3F 日本共産党 控室
TEL:06-6337-6853

お問い合わせはこちら

相談会のご案内

法律相談は毎月1・2・3・4週の木曜日
石川 府会議員事務所

石川ブログはコチラ

お急ぎの場合はお電話ください。
随時受け付けます。

movie

シンポジウム

吹田市会議議員団主催シンポジウムインフォメーション

2014年4月開催の「子育てシンポジウム」の資料のご希望の方は議会団控室まで

2012年11月開催の「TPP問題を考えるシンポジウム」の資料のご希望の方は議会団控室まで